毛髪再生医療の費用は? 髪の再生、老化防止も。iPS細胞を大量生産できる新技術で約1億円の作製費用も低コストに|発毛・育毛・薄毛のAGA治療に関するお悩みなら毛髪再生治療NAVI

MENU

毛髪再生治療 最新ニュース

2021.03.27 毛髪再生医療

毛髪再生医療の費用は? 髪の再生、老化防止も。iPS細胞を大量生産できる新技術で約1億円の作製費用も低コストに


万能細胞の一種であるiPS細胞は、様々な臓器に分化できる細胞だと言われている。
自分自身の細胞から作ったiPS細胞を活用すれば、臓器移植をした際の拒絶反応が避けられるなど将来的な活用が期待されている。
京都大学の山中教授が作製に成功して以降、医療の様々な分野で研究が進められてきた。

日本人が設立し、アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置く、スタートアップ企業「I Peace, Inc(アイ・ピース)」では、医療用iPS細胞の製造・販売事業を本格的に開始した。
同社では、京都府内の工場でiPS細胞を大量生産し、海外の製薬会社などに供給。
作製したiPS細胞は、心臓疾患の治療に使用する「心筋シート」などに活用されている。
その中でもとくに注目を集めているのは、希望者自身のiPS細胞を作る個人向けサービス「MiPSC(マイピース)」だ。

個人のiPS細胞を作製し、保管する。
一体、どの様な事業なのか。

例えば、自分のiPS細胞を持っていれば、将来自分が癌になってしまったら、癌に対して攻撃性のある細胞を自分のiPS細胞から作って、癌に攻撃性の高い治療ができる。
他にも、自分が心臓病になって心臓の一部が壊死してしまった場合、iPS細胞があればそれを心筋にして、その心筋細胞を移植できるなど。

様々な可能性を秘めているiPS細胞。
「これまでiPS細胞の作製に約1億円が必要だった」といわれているが、iPS細胞を大量生産できる技術が確立された今、この優れた技術を使って、短期間かつ低コストを実現できるようになりました。
ただそれでも、サービス費用200万円(税別)と年額の保管費用3万円(税別)が必要ということだ。
この金額は高いと思われるかもしれないが、これまで1億円かかっていた作製費用と比べるとかなり安いと断言できるのではないでしょうか。

iPS細胞はすぐ使えるものではないが、将来自分が病気になった時や、毛髪や肌の再生などの分野でも使える可能性がある。
iPS細胞によって病気や不老を防ぐ――そういう未来が、思っていたよりも早く来るのかもしれない。

・こちらの記事はYAHOO!ニュースより引用しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa89675bb3e7e3ea72b65ffde7a52707bab56b0b

あらゆる病気の治療は勿論ですが、薄毛の悩みは将来的には、ほとんど人が直面すると予想されます。
いずれにしても、iPS細胞の可能性の拡がりは夢がありますね。
一日でも早く実現してほしい話です。

頭皮へのPRP療法

毛髪再生治療おすすめの3院

東京

アヴェニュークリニック

アヴェニュークリニック

PRP治療と内服薬・外用薬を併用しての診療をおこなっている。

六本木と表参道にクリニックを構えており、カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応している。

大阪

NDクリニック

NDクリニック

NDクリニック薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック。

長年の経験とノウハウを活かし再生治療に取り組んでいる。

東京

TOMクリニック美容外科

東京TOMクリニック美容外科

TOMクリニック美容外科男性の患者だけでなく、女性の利用も非常に多いクリニック。

リーズナブルな治療費が魅力で、発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応している。