加齢に伴う40~50代女性の抜け毛や薄毛はなぜ起こる?知っておくべき予防と改善策について。発毛・育毛・薄毛のAGA治療に関するお悩みなら毛髪再生治療NAVI

MENU

毛髪再生治療 最新ニュース

2021.09.04 女性の薄毛

加齢に伴う40~50代女性の抜け毛や薄毛はなぜ起こる?知っておくべき予防と改善策


加齢に伴う40・50代女性の抜け毛・薄毛はなぜ起きる?

「最近、分け目が目立つ」「一つに結んだ毛束が細くなった……」。そんなふうに感じることはありませんか?
髪の悩みは、女性ホルモンのバランスが崩れ始める40代以降に多くなります。

複合的な要因が更年期世代の髪に悪影響を及ぼす
40代~50代、いわゆる更年期世代の女性の抜け毛や薄毛は、なにが原因なのでしょう?

一番の原因は、女性ホルモンのエストロゲンの低下。
エストロゲンには、髪の成長を促すと共に、髪にハリやコシを与える働きがあります。
この働きが、エストロゲンの低下によって衰えるため、髪に悩みを抱えやすくなります。
また、女性も男性ホルモンを持っているため、女性ホルモンが低下し男性ホルモン優位になることでも、抜け毛や薄毛を招きやすくなります。

抜け毛の正常範囲は、1日に50~100本程度。
要注意なのは、細くて短い髪が多く抜けるようになることだそう。

髪は、成長期→退行期→休止期という周期を経て、生えては抜けるヘアサイクルをくり返します。
成長期は、髪が太く長く成長する時期で、期間は2~6年ほど。
退行期は、髪が抜ける準備を始める時期で、期間は1ヶ月ほど。休止期は、髪の成長が止まって髪が抜ける時期で、期間は数ヶ月ほどです。
通常、全体の90%程度が成長期の髪で、退行期の髪は2~3%、休止期の髪は7~8%程度ですが、女性ホルモンの低下や加齢によって、ヘアサイクルが乱れると、成長期が短く、休止期が長くなることに。
その結果、髪が十分に育たたないまま休止期を迎え、細くて短い髪が多く抜けるようになるのです。

そのほか、生活習慣や栄養バランスの偏り、ストレスなどで、頭皮の血行が悪くなることも、髪に悪影響を与える原因に。
頭皮の血行が悪くなると、髪を生み出す毛根に栄養や酸素が十分に行き渡らなくなり、髪の成長を妨げます。
女性の抜け毛や薄毛は、女性ホルモンの低下、加齢、ストレスなど、複数の原因が重なっておこるケースが多いと言えます。

 

女性に多い「びまん性脱毛症」を防ぐ日常習慣

抜け毛や薄毛は、医学の分野では「脱毛症」と呼ばれ、更年期世代の女性に多くみられる症状は「びまん性脱毛症」です。
「びまん=広範囲という意味で、『びまん性脱毛症』は頭頂部から薄毛部分が徐々に広がって全体的にまだらに薄くなり、髪の分け目が目立つのが特徴です。
『びまん性脱毛症』を予防するには、日常生活で、どんなことに気をつければいいでしょう?

・栄養バランスのいい食事を心がけること
栄養素では、髪の原料となるタンパク質や髪や爪を健康に保つビタミンHなどのビタミンB群、亜鉛。
女性に不足しがちな鉄分を積極的にとることが望ましい。

◆髪に必要な栄養素を含む食材
タンパク質……肉、魚、卵、大豆、牛乳など
ビタミンH……豚レバー、鶏レバー、卵、大豆など
ビタミンB群……豚ヒレ肉、まぐろ、しじみ、たらこなど
亜鉛……牡蠣、豚レバー、牛赤身肉、カシューナッツ、焼きのりなど
鉄分……煮干し、しじみ、豚レバー、小松菜、枝豆など

また、髪の成長は、睡眠中に分泌される成長ホルモンによっても促されます。
朝、すっきりと目覚めることができるぐらいまで睡眠時間を十分に確保することも大切。
それから、ウォーキングやヨガなど、適度な運動で全身の血流をよくしたり、ストレスを解消することも、健やかな髪を保つ秘訣といえます。

ヘアケアでは、洗髪時にシャンプー剤などをしっかり洗い流することがポイントだそう。
シャンプー剤などの洗い残しがあると、頭皮に炎症をおこしやすく、脱毛症の原因になります。
また、頭皮を過度に乾燥させる洗浄力の強いシャンプー剤も要注意。
乾燥によって皮膚のバリア機能が壊れると雑菌が入りやすく、やはり炎症を招く原因になるので気をつけましょう。

 

専門クリニックでの治療法とは?

「びまん性脱毛症」の症状が現れている場合は、専門クリニックなどで治療が可能です。
治療法は、飲み薬の服用と、専門医による注射が一般的で、効果を高めるために塗り薬が処方される場合もあります。

注射は、臍帯から採取した幹細胞から抽出する培養上清液を、頭皮の症状の範囲に適切な深さで注入。
休止期にある毛根をおこして成長期へ促すと共に、成長期を延長させ、髪がより太く長く育つように誘導します。
また、塗り薬は、ミノシキシジルと幹細胞培養上清液を混ぜたものを処方し、症状の中心部分に塗布してもらいます。
実際に治療を始めて、6か月~8か月ほどで効果を感じ始める人が多いとのこと。

 

・こちらの記事はYAHOO!ニュースより引用しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ceeef69fc85c35ab2160a7af329416bf336b3250

男性も女性も髪の本数は同じくらいで、女性の方が頭蓋骨が小さいので若いうちは髪が細くても十分あるように見えますが、抜け始めると一気に薄くなったように見えますが男性よりそこまで抜けない方が多い。
また脂肪は女性ホルモンを出し続けるので肥満の方は薄毛になりにくいそうに感じますね。

頭皮へのPRP療法

毛髪再生治療おすすめの3院

東京

アヴェニュークリニック

アヴェニュークリニック

PRP治療と内服薬・外用薬を併用しての診療をおこなっている。

六本木と表参道にクリニックを構えており、カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応している。

大阪

NDクリニック

NDクリニック

NDクリニック薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック。

長年の経験とノウハウを活かし再生治療に取り組んでいる。

東京

TOMクリニック美容外科

東京TOMクリニック美容外科

TOMクリニック美容外科男性の患者だけでなく、女性の利用も非常に多いクリニック。

リーズナブルな治療費が魅力で、発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応している。