体⽑が濃くなってきた|薄毛の兆候?|発毛・育毛・薄毛のAGA治療に関するお悩みなら毛髪再生治療NAVI

MENU

薄毛の兆候?

2021.07.02

体⽑が濃くなってきた


⼥性ホルモンが減少すると体⽑が濃くなる傾向にあります。
⼥性ホルモンは男性であっても、体内に存在しますし、⼥性であっても体内には⼥性ホルモンだけではなく、男性ホルモンが存在します。
体を作るなどの役割がある男性ホルモンは、「5αリダクターゼ」と結合する事で、脱⽑の要因となるDHTへと変化します。
男性ホルモンが多いと、DHTを作り出す作用が増加し、薄⽑や抜け⽑になり易くなります。
さらに、DHTは体⽑を濃くする作用もあります。
男性ホルモンが多い⼈ほど、⽑深かったりヒゲが濃いのは、そういう原因からなのです。
⼥性ホルモンは、この様な男性ホルモンの働きを抑制してくれる役割があります。
体⽑が濃くなってくるのは、男性ホルモンの働きを抑える⼥性ホルモンが減少しているという事で、男性ホルモンがより活発になっている事を意味しています。
更に体⽑が濃くなるだけではなく、薄⽑や抜け⽑も増えていくという流れになります。

体⽑は剃ることで濃くなっていくと言われますが、こちらはあくまでただの噂です。
もしそうであれば、⽑自体が剃られるたびに濃くなる性質を備えているのであれば、薄⽑や抜け⽑で悩み始めたら剃ってしまえば良いだけなので・・。
では、何故そのような噂が広まったのかというと、⽑を剃ると、⽑の表⾯が切り株のような状態になったまま⽣えてくるからです。
その為、⽑の「表⾯積」が⼤きくなったかのような錯覚をおこします。
実際には剃って太くなることは考えられないものなので、ムダ⽑の⾃⼰処理を繰り返して⽑が濃くなる事はありえません。

体⽑を薄くする為の⽅法として、⼥性ホルモンを増やす事が挙げられます。
⼥性ホルモンに近い働きをすることで美容の世界ではイソフラボンが⼈気を集めていますが、薬であれサプリメントであれ、⼥性ホルモンに似た働きをする成分を摂取すると、次第に体⽑は薄くなっていくことでしょう。
ただし、あくまでも「徐々に」です。

男性ホルモンの働きを抑制し、薄毛の悩みから解放されるためには、専門の医療機関で診断を受けられる事が一番の近道です。

頭皮へのPRP療法

毛髪再生治療おすすめの3院

東京

アヴェニュークリニック

アヴェニュークリニック

PRP治療と内服薬・外用薬を併用しての診療をおこなっている。

六本木と表参道にクリニックを構えており、カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応している。

大阪

NDクリニック

NDクリニック

NDクリニック薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック。

長年の経験とノウハウを活かし再生治療に取り組んでいる。

東京

TOMクリニック美容外科

東京TOMクリニック美容外科

TOMクリニック美容外科男性の患者だけでなく、女性の利用も非常に多いクリニック。

リーズナブルな治療費が魅力で、発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応している。