抜け毛に悩む人が増加している!? 「はげの原因」にはコロナ禍や幹細胞の「脱走」も?|薄毛の兆候?|発毛・育毛・薄毛のAGA治療に関するお悩みなら毛髪再生治療NAVI

MENU

薄毛の兆候?

2021.12.31

抜け毛に悩む人が増加している!? 「はげの原因」にはコロナ禍や幹細胞の「脱走」も?

頭髪が薄くなってきたり抜けたりしている場合、その原因は新型コロナウイルス感染症かもしれないという説がある。
コロナ禍が続く中、新型コロナウイルス感染症は呼吸器系の健康だけでなく、心の健康や聴覚・バランスまであらゆるものに悪影響を与え得ることが明らかになっている。
髪はどうやら、その新たな犠牲者と言われている。
過去1年だけで、抜け毛に関するグーグル検索は8%増加したそうだ。
抜け毛関連の議論の為のソーシャルメディアのグループは、新型コロナウイルス感染症が流行を始めてから会員数が大きく増加したと報告している。
ネット上の傾向と同様に、抜け毛や薄毛を理由とした患者が殺到していると説明している皮膚科医は多い。
「この原因は何だろう? これは一時的なものだろうか?」
幸いな事に、新型コロナウイルス感染症の流行による抜け毛はおそらく一時的なものだ。
抜け毛は遺伝や老化、ホルモンや食生活の変化、ダメージを引き起こすヘアスタイルなどさまざまな理由により生じ得る。
しかしながら、新型コロナウイルスが流行する中で米国全土で抜け毛が増えたことは、同ウイルスに感染した身体的な衝撃か、コロナ禍を経験した感情的な衝撃により誘発された可能性が高いとのこと。
このプロセスのきっかけとなるのが休止期脱毛と呼ばれる疾患だ。
休止期脱毛は脳や体がストレスにさらされているときに発生し、毛包が通常より早く成長を停止することにより生じる。
人の髪は通常1日に50~100本抜けるため、新たな髪が生えてこなければ、そのうち頭がはげたり薄くなったりする可能性がある。
これは一時的な病気で、体が休息を取り戻したら髪の成長も通常に戻る。
過去数年間で多くの人が経験した一時的な脱毛は、休止期脱毛により説明できるかもしれない。
一方、コロナ禍で頭が薄くなる人が増えた事により、そもそも私たちの髪はなぜ抜けるのかという疑問が浮かぶ。
ノースウェスタン大学のルイ・イー教授が行った調査では、この長年の疑問に対する答えを発見する上で顕著な進歩が示されている。
もしかしたら、抜け毛を経験している多くの人への治療法がついに見つかるかもしれない。

年を取ると毛包の幹細胞が逃亡?
これまでは、永続的な抜け毛は幹細胞の死滅により引き起こされるとする仮説が一般的に受け入れられていた。
幹細胞は、髪を含む体内のあらゆる細胞や組織に成長する能力を持つことで知られている。
科学者らは、人が年を取ると毛包の成長を担う幹細胞が最終的に消耗し、そのまま死滅するという仮説を立てていた。
しかし、イー博士の調査からは、このプロセスが当てはまらない可能性が示されている。
イー博士らは組織に深く入り込んでリアルタイムの顕微鏡画像を生成できるレーザーを活用し、生きた組織内の毛包を観察する実験を行った。
イー博士が麻酔されたマウスの耳内部の毛包をレーザーを使って観察したところ、驚きの発見があった。
研究者らは、動物が年を取り始めると幹細胞が死滅するどころか形を変え、毛包の小さな穴から自らを絞り出すようにして抜け出し、逃げるように去っていったことに気づいた。
毛包が老化して消耗すると、幹細胞はまるで不当な労働環境の仕事を去る従業員のように、髪を生やすという職業を捨てているように見える。
イー博士と研究者らはこのような抜け毛の仕組みを発見後、老化が進んだ毛包で活動が鈍っているようだとしてFOXC1とNFATC1と呼ばれる2つの遺伝子を特定した。
この2つが、幹細胞の脱走を引き起こしている可能性がある。
抜け毛は全体として非常に興味深い話題で、その原因は新型コロナウイルスの流行から、小さな幹細胞が髪を生やすという役目を逃れることまでさまざまなものがあるようだ。
米国人の頭が過去2年の出来事から回復するにつれ、抜け毛の研究における次のステップはこの抜け毛の仕組みを確かめ、幹細胞が具体的にどこに逃げているのか、どのようにすれば全体的な抜け毛を抑制するために幹細胞の逃亡を防止したり遅らせたりする治療法を開発できるのかを特定することになるだろう。

・こちらの記事は「Forbes JAPAN」より引用しました。
https://forbesjapan.com/articles/detail/45125

以前から言われていますが、新型コロナウイルス感染症のダメージによるミネラル不足やタンパク質の不足、加齢が元となった成長ホルモンの不足などの要因が大部分ではないかととの声も多数ありますが、真相のところはまだわかりませんね。

頭皮へのPRP療法

毛髪再生治療おすすめの3院

東京

アヴェニュークリニック

アヴェニュークリニック

PRP治療と内服薬・外用薬を併用しての診療をおこなっている。

六本木と表参道にクリニックを構えており、カウンセリングから施術、アフターまで担当医が対応している。

大阪

NDクリニック

NDクリニック

NDクリニック薄毛・AGA治療で40年以上の実績があるクリニック。

長年の経験とノウハウを活かし再生治療に取り組んでいる。

東京

TOMクリニック美容外科

東京TOMクリニック美容外科

TOMクリニック美容外科男性の患者だけでなく、女性の利用も非常に多いクリニック。

リーズナブルな治療費が魅力で、発毛と植毛をあわせたオリジナル治療にも対応している。