毛髪再生治療結果を出している
専門医療機関一挙公開

今、注目の毛髪再生治療は今までのAGA治療とどう違うの?

薄毛の治療法と言えば、ミノキシジルやプロペシア、フィナステリドなどの薬剤を用いるのが一般的です。
これらの薬剤を用いた治療法には、一体どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか

今までのAGA治療の
メリットとデメリット

メリット
  • 手ごろな価格で、治療を始め易い。
  • ネットで購入できたり、一般的に市販されているものもあり、手に入れ易い。
デメリット
  • 継続的なコストがかかる。
  • 体質に合わず、全く効果が出ない場合がある。
リスク
  • フケや頭皮に痒みを伴うなど、頭皮に影響が出る場合がある。
  • かぶれ、頭痛などの症状が出る場合がある。

リスク最低限に抑制して治療できるのが、

毛髪再生治療

  • 毛髪再生治療は、発毛や育毛の促進を促す成長因子(薬剤)を頭皮に直接注入する方法です。
  • 通院は3~6カ月程度で、副作用や頭皮のかゆみ・かぶれといった症状が現われにくい点も特徴です。

毛髪再生治療と他の治療法との
違いについて

「毛髪再生治療」と一言でいっても、その治療方法は多岐にわたります。
中でも代表的な治療法が、「HARG療法」「PRP療法」「BENEV療法」と呼ばれるものが挙げられます。
それぞれの方に合った適切な治療を行なうには、個々の症状や特徴をしっかりと把握し、医師と相談した上で決める事が大切です。

  • HARG、PRP、BENEVはいずれも自由診療です(HARG、BENEVは厚生労働省未承認です)。
  • 推奨される回数の治療を受ければ、必ず髪が生えてフサフサになると保証されるものではありません。
  • 効果には個人差がありますのでご注意ください。

HARG療法の場合

他者の脂肪由来幹細胞の培養上清液を直接頭皮に注入

  • 痛み
    少し有り
  • 基本的な推奨回数
    6~12回程度
  • 費用
    1回 約8~22万円(税抜)程度
    ※治療範囲により異なる
  • リスク
    腫れ、赤み、痛み、内出血、感染

PRP療法の場合

自分の血液から採取した成長因子をを直接 頭皮に注入

  • 痛み
    少し有り
  • 基本的な推奨回数
    3回~
  • 費用
    1回 約18万円(税別)程度
  • リスク
    赤み

BENEV療法の場合

他者の皮膚由来幹細胞の培養上清液を直接 頭皮に注入

  • 痛み
    少し有り
  • 基本的な推奨回数
    8~16回程度
  • 費用
    1回 約8万円~(税抜)程度
    ※治療範囲により異なる
  • リスク
    赤み、熱感、内出血、発疹

毛髪再生には
副作用リスクほとんど無い
PRP療法(自己多血小板血漿療法)
おすすめ。

PRP療法(自己多血小板血漿療法)とは自分の血液から成長因子を抽出し、頭皮に直接注入する治療法です。自分の血液を使うので拒絶反応や副作用が現われるリスクがかなり小さいというメリットが、HARGやBENEVとの大きな違いです。PRPは頭皮に対する土壌改良のような役割を果たし、生えづらくなった頭皮の環境を整えてくれます。しかしながら、自由診療のため、クリニック選びには注意が必要です。
指標のひとつとして、ちゃんと厚生労働省に届け出を出しているかどうか、など。注入する部位ごとに認可を得なければならないので、「頭皮用のPRPの届け出を出して受理されている」クリニックを選択することが大事だと言えます。